トニー賞授賞式でマーク・ハミルが故キャリー・フィッシャーさんを追悼

sw-20170620-01.jpg

画像ソース : http://www.gettyimages.co.jp/license/695002700
記事ソース : http://eiga.com/news/20170620/15/

2017年6月20日 15:30
[映画.com ニュース] 第71回トニー賞授賞式がこのほど、米ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで行われた。「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役でおなじみマーク・ハミルがプレゼンターとして登場し、昨年12月27日に他界した女優キャリー・フィッシャーさんに心を込めた追悼を捧げた。

前年に他界した演劇界の有名人を偲ぶ追悼コーナーでプレゼンターを務めたハミルは、「悲しいことに昨年もまた、演劇界は多くの愛する家族を失いました。伝説の舞台俳優、裏方のアーティスト、ショービズ界のプリンス、そしてプリンセス……」と心痛な面持ちで胸に手を当て、レイア姫として映画史に名を刻んだフィッシャーさんに哀悼の意を表した。「何世代にもわたり演劇ファンにインスピレーションを与えてきた彼らの類い稀な才能と尽きることなき情熱は、今日のブロードウェイを形作っただけでなく、この先も演劇界に素晴らしい影響を与え続けていくことでしょう」とスピーチを締めくくった。

司会のケビン・スペイシーがパロディ仕立ての爆笑オープニングに始まり、歌や踊り、お得意のモノマネで会場を大いに盛り上げた今年のトニー賞。最多受賞となった作品は、対人恐怖症と葛藤する男子高校生を描いた「Dear Evan Hansen(原題)」で、ミュージカル作品賞、ミュージカル主演男優賞、映画「ラ・ラ・ランド」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビによるオリジナル楽曲賞を含む6部門で栄冠を手にした。演劇作品賞は「オスロ」、演劇リバイバル作品賞は「ジトニー」、ミュージカル・リバイバル作品賞は「ハロー・ドーリー!」が受賞した。



ちなみに功労賞は、奇しくもスクリーンでハミル扮するルークの父親、ダース・ベイダーの声を演じるジェームズ・アール・ジョーンズに授与された。
(映画.com速報)



マークのキャリーに対する友情が心に染みます。
そしてジェームズ・アール・ジョーンズと楽しくポーズを
決めるマークをファンとして誇らしく思いました。

関連記事

キャスト マーク・ハミル

0 Comments

Leave a comment