【ニュース】SW「ローグ・ワン」監督、シリーズ伝統“セットのこだわり”明かす

sw-20170104-01.jpg

2017年1月4日 11:00 http://eiga.com/news/20170104/8/
[映画.com ニュース] SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」の新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(公開中)は、ジェダイではない名も無き戦士たちが紡ぐ新たなストーリーでありながら、鑑賞者からは「紛れもなく『スター・ウォーズ』の世界だった」と絶賛評が上がっている。メガホンをとったギャレス・エドワーズ監督は、その理由をシリーズ伝統の“セットへの飽くなきこだわり”にあると分析した。

製作陣はCGに頼りきらず、可能な限り実際にセットを組んで撮影することを追及した。キャストが場面を脳内で補完することなく、自然にシーンに臨めるからであり、その結果、リアリティのある世界観と物語を描くことができた。さらにエドワーズ監督は、「『スター・ウォーズ』の世界観を描くのに必要なのは、実際に存在する武器や衣装が90%なんだ。本作でもそのバランスには気をつけて撮影を進めたよ」と明かし、「(シリーズ生みの親)ジョージ・ルーカスも、常に実際にあった歴史上の戦闘や武器に影響を受けて、『スター・ウォーズ』を作った。例えばハン・ソロの銃は、実際のところ第二次大戦中に使われていた銃そのものなんだ。本物の銃の表面に少しだけ飾りを付け加えて、使用されているんだよ」と語った。

約39年前に公開されたシリーズ第1作「エピソード4 新たなる希望」から、脈々と受け継がれるこだわりが、ファンの心をガッチリつかんだ。反乱軍の秘密基地がある惑星ヤヴィン4のセットは、「エピソード4」撮影時は英カーディントン空港に設営された。当時は予算の都合で一部しか創出できなかったが、今作では長さ約106メートル、幅約61メートルの基地を、いまや“聖地”と称される同所に建設。現場では、スタッフ陣も衣装を身に着け撮影したと言われている。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、シリーズの原点「エピソード4 新たなる希望」のオープニングクロールへとつながるアナザーストーリー。反乱軍の無法者集団“ローグ・ワン”が、帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を盗み出す決死のミッションに挑む。


画像ソース元 http://www.gettyimages.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/exclusive-screening-of-lucasfilms-rogue-one-a-star-wars-story-687734269?et=5oUpOfNSThFbAX3m5V_8sw&referrer=http%3A%2F%2Fadmin.blog.fc2.com%2Fcontrol.php%3Fmode%3Deditor%26process%3Dload%26eno%3D789#mads-mikkelsen-donnie-yen-forest-whitaker-ben-mendelsohn-felicity-picture-id629518040

関連記事

映画 スター・ウォーズ・ストーリー スタッフ

0 Comments

Leave a comment