カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Tumblr photo
twitter
サイドショウフィギュア
Han Solo Darth Vader Exclusive
pictlayer
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローグ・ワンポスター第4弾!

sw-20161013-02s.jpg

クリックで拡大します。


スポンサーサイト
THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:

STAR WARS mobile、ダーク/ライトサイドで異なる2種類のスター・ウォーズスマホ

sw-20161013-01.jpg

ケータイ Watch
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1024229.html#sb1003_s.png

2016年10月12日 14:00
 ソフトバンクは、スター・ウォーズとのコラボレーションによるAndroidスマートフォン「STAR WARS mobile」を12月上旬以降に発売する。ボディカラーはダークサイド エディション、ライトサイド エディションの2つが用意され、内蔵コンテンツ、パッケージデザインもそれぞれの勢力に準じたものになる。

「STAR WARS mobile」は、背面パネルに対し、正面と見る場合と横から見る場合で異なる色に見える偏光塗装が施されている。視点を正面から横に移動すると、ダークサイドは黒から赤に、ライトサイドは白から水色に見えるようになっている。それぞれ帝国軍、反乱軍のロゴマークもプリントされている。

 製品パッケージの外観もダークサイドは黒、ライトサイドは白と、異なる色の箱になる。端末パッケージに同梱されるクイックスタートガイドもやはりダークサイドとライトサイドで専用のものが用意される。

 専用パッケージには、シリーズ外伝で12月公開予定の新作「ローグ・ワン」に関連し、タカラトミー製のスター・ウォーズ・フィギュアが5体が同梱される。このうち4体はダイキャスト製の「メタコレ」シリーズで、一般販売されるフィギュア(1つはトミカのUウイング・ファイター)を「STAR WARS mobile」版限定のパッケージに入れたもの。残る1体はメタコレのダース・ベイダー ローグ・ワン仕様で、「STAR WARS mobile」パッケージ限定のガンメタル塗装バージョンになる。なお、同梱フィギュアのセット内容はフォースのサイドに関わらず共通。

 内蔵コンテンツとして、Google Playで配信されている「STAR WARS Force Collection」がプリインストールされ、「STAR WARS mobile」ユーザー限定の特典が提供される。映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の本編と特典映像を視聴できる権利も付与され、ダウンロードやストリーミングで楽しめる。着信音などもスター・ウォーズでおなじみの音楽や効果音などが搭載される。

 ホーム画面やランチャー、天気やカレンダーなどのウィジェット、アラームなどのオリジナルUIのアプリ、メール画面、ライブ壁紙、壁紙などについて、それぞれダークサイド、ライトサイドで異なるデザインで搭載される。ライブ壁紙は「Xウイング」「タイ・アドバンストx1」それぞれのコックピット視点を再現したものになり、端末を傾けることで向きを変更できる。デコ絵文字もスター・ウォーズのキャラクターが用意される。

主な仕様

 端末はシャープ製で、AQUOS Xx3がベースになっている。ディスプレイは5.3インチ、フルHDのハイスピードIGZO液晶ディスプレイ。チップセットはMSM8996で、メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GB。最大200GBまでのmicroSDXCカードを利用できる。メインカメラは2260万画素、インカメラは500万画素。OSはAndroid 6.0。

 防水・防塵で、側面にタッチ式指紋センサーを搭載。おサイフケータイ、フルセグ、ワンセグをサポートする。

 バッテリー容量は3000mAh。大きさは約149×73×7.6mmで、重さは約161g。


いやー、iPhone機種変しようと思っていたら…こんなん出るそうで…
うーん。
やっぱりiPhoneかなあ。

THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:

ハン・ソロ映画の女性主人公の候補3人が判明!

sw-20161011-01.jpg
左からテッサ・トンプソン、ゾーイ・クラビッツ、英女優ナオミ・スコット

映画ドットコム http://eiga.com/news/20161007/11/

2016年10月7日 12:00
[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くスピンオフ映画で、女性主人公の候補に、米女優テッサ・トンプソンとゾーイ・クラビッツ、英女優ナオミ・スコットの3人の名前が挙がっていることがわかった。

現在33歳のトンプソンは、「グローリー 明日への行進」や「クリード チャンプを継ぐ男」で脚光を浴び、マーベル映画「ソー:ラグナロク(原題)」(17年全米公開予定)にも起用された新進女優。27歳のクラビッツは、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ダイバージェント」シリーズといった大作で活躍してきた。スコットは、「オデッセイ」「チリ33人 希望の軌跡」などに出演し、「スーパー戦隊シリーズ」をハリウッドで映画化する新作「パワーレンジャー(原題)」でピンクレンジャーに抜てきされた23歳の新鋭だ。

米バラエティによれば、キャラクター名や設定などは明かされていないが、候補者3人は10月3日~5日頃(現地時間)、英ロンドンで第2次オーディションを受けたという。メガホンをとるクリス・ミラー&フィル・ロードの監督コンビは、女性主人公のキャスティングに加え、ハン・ソロの旧友ランド・カルリジアンの選考も進めており、筆頭候補のドナルド・グローバーらが第2次オーディションに臨んだようだ。

タイトル未定の新作は、米新進俳優オールデン・エアエンライク(「ヘイル、シーザー!」)が主演に決定しており、2017年初旬以降に撮影が開始される見込み。18年5月25日に全米公開予定だ。


どういう役柄かにもよるので
だれが良いかはちょっとわかりませんが、
個人的にはナオミ・スコットが可愛くて好きだな。


THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:

SWシリーズ新ドロイドK-2SOは元帝国軍 性格はチューバッカのよう!?

sw-20161007-01.jpg

映画ドットコム http://eiga.com/news/20161006/2/

2016年10月6日 05:00
「ローグ・ワン」で初登場の新ドロイドK-2SO「スター・ウォーズ」
[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」で初登場するドロイドのK-2SOの姿が、主人公ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)、ジンのお目付け役であるキャシアン・アンドア(ディエゴ・ルナ)とともに収められた劇中カットが公開。すでに特報映像に登場していたが、このほどキャラクター設定などの詳細が判明した。

同シリーズではこれまで、シリーズ全作に登場するR2-D2&C-3POのコンビや、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で観客のハートをつかんだBB-8といったドロイドが活躍してきた。今作で初登場するK-2SOは、もとは帝国軍のドロイドだったが、反乱軍の情報将校キャシアンが再プログラムし、反乱軍の仲間になったという設定。身長216センチの黒いボディの左肩には、帝国軍の紋章が描かれている。「アイ,ロボット」でロボットのサニーを演じたアラン・テュディックが、モーションキャプチャーで演じた。

メガホンをとったギャレス・エドワーズ監督は、神経質で口うるさいC-3POとは正反対で、K-2SOはタフで自信に満ちていると説明。さらに「見た目はドロイドだけど、性格的にはチューバッカに近い」と、強い忠誠心の持ち主であると明かす。一方、キャシアン役のルナは、「キャシアンとK-2SOは、お互いのことを長い間知っているんだ。キャシアンはずっと反乱軍にいて、とてもさびしい人。そんなキャシアンの唯一の友人がK-2SOなんだ」と人間とドロイドの新コンビの友情を語った。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、「エピソード4 新たなる希望」へとつながる、これまで語られることのなかった物語。反乱軍のもとに寄せ集められた極秘チーム“ローグ・ワン”が、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという不可能なミッションに挑む。12月16日全国公開。


キャシアン・アンドア(ディエゴ・ルナ)とハンとチューイのような関係なわけか…。
そこまでいっしょにしなくてもいいと思うんだけどなあ。





THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:

米ディズニー会長、SW「ローグ・ワン」「エピソード9」の近況を語る



映画ドットコム http://eiga.com/news/20161001/7/

2016年10月1日 11:45
[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーのロバート・アイガーCEOが、傘下のルーカスフィルムが製作する「スター・ウォーズ」関連作品の近況を、ハリウッド・レポーター紙に明らかにした。

12月16日に世界公開となるスピンオフ「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、「スター・ウォーズ」史上初めてルーク・スカイウォーカーの家族を登場させない作品となるため、「ある種の実験だ」と説明。長期にわたる追加撮影や作曲家の交代などのトラブルが報じられてきたが、「見せてもらったものは大変気に入っている」と語った。

今後はライアン・ジョンソン監督による「スター・ウォーズ エピソード8」、ハン・ソロを題材としたタイトル未定のスピンオフ作品の準備が進められているが、「ジュラシック・ワールド」のコリン・トレボロウ監督による「スター・ウォーズ エピソード9」のストーリー案のプレゼンが行われたことを告白。また、2020年公開予定のスピンオフ映画に関しても現在、ある脚本家が企画開発を行っていることを明らかにしている。

アイガー氏は05年にCEOに就任すると、ウォルト・ディズニーの公開作品を減らす一方で、ヒットが確実視できる大作映画に焦点をあて、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムの大型買収を相次いで敢行。これまでに29作品をリリースし、1作品あたりの世界興収8億ドル弱という驚異の好成績を叩き出している。


自社の長編アニメにも、もっと力を入れて欲しいんだけどなあ。
ピクサー作とは違う面を押し出したデイズニーの伝統を
取り入れた作品を作って欲しいなあ。

THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:

「ローグ・ワン」作曲家がマイケル・ジアッキノに変更



映画ドットコム http://eiga.com/news/20160926/10/

2016年9月26日 12:00
[映画.com ニュース] 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の作曲家が、「スター・トレック」のマイケル・ジアッキノに変更になったとハリウッド・レポーター紙が報じている。

シリーズ初のスピンオフとなる同作は、ギャレス・エドワーズ監督が「GODZILLA」でタッグを組んだ人気作曲家アレクサンドル・デスプラが担当することになっていた。しかし、このほど「カールじいさんの空飛ぶ家」でアカデミー賞を受賞しているジアッキノに交代したという。

その理由は、今夏に行われた「ローグ・ワン」の追加撮影だ。「フィクサー」のトニー・ギルロイ監督が脚本も兼ね指揮した追加撮影が長期に及んだため、作曲の時期がずれこんだため。これにより、デスプラはスケジュールの都合で降板。そこで、ウォルト・ディズニーはジアッキノに代役を依頼した。

ジアッキノは、ディズニーの実写映画「ジョン・カーター」や「トゥモローランド」のほか、ピクサーの「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」、ディズニー・アニメーションの「ズートピア」、マーベル最新作「ドクター・ストレンジ」と、多くのディズニー関連作品を手掛けるお抱え作曲家のような存在。さらに、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督作の大半を手掛けており、大の「スター・ウォーズ」ファンであることも加味されたようだ。

降板したデスプラは、「グランド・ブダペスト・ホテル」でオスカーを戴冠。今年も「ペット」や「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」など多くの作品を手がる人気作曲家だ。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の世界公開は、12月16日。



THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:

デス・スター、完成目前 すべてはここから始まる「ローグ・ワン」ポスター完成

20160916-02.jpg

映画ドットコム http://eiga.com/news/20160916/1/

2016年9月16日 05:00
[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ」シリーズの原点へとつながる物語を描く「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のティザーポスターが、このほど完成した。天空に浮かぶ完成目前の究極兵器“デス・スター”を背景に、主人公ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)が波打ち際にたたずむ。そして「すべては、ここから始まる」というコピーが添えられ、ファンの期待感を煽る仕上がりとなっている。

「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。「新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託したデス・スターの設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを明らかにし、一匹狼のジンが反乱軍の仲間とともに、帝国軍から設計図を奪う決死のミッションに挑む姿を描いた。

先日、米メディアが「『ローグ・ワン』は『新たなる希望』のオープニング10分前までを描いている」と報じ、大きな話題になった。メガホンをとったギャレス・エドワーズ監督は「『新たなる希望』に繋がる出来事を描いていることは確かだ。『新たなる希望』の冒頭にどこまで近いかというと……。いや、やめておくよ。ネタバレになるといけないから、どこまで直前かは観客のその目で確かめて欲しい」と際どいコメントを寄せた。

また今作は、シリーズ生みの親であるジョージ・ルーカスが長年夢想した、「『スター・ウォーズ』の世界には、別の形で語られるべき物語がある」という思いが結実した作品。エドワーズ監督の言葉通り、「新たなる希望」のオープニング・クロールや、同作におけるダース・ベイダーのセリフから誕生したこの物語は、スター・ウォーズ・サーガの“最初の謎”をドラマチックに解き明かす。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、リズ・アーメッドらが共演。12月16日から全国で公開される。


痛いーとか言って「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
ティザーポスターが解禁になっていることも気がつきませんでした!!



いや~これ、やっぱ、スター・ウォーズっぽくないよねえ。
まあ、きっと私は旧3部作しか愛せず
ルーク愛にまみれて死んでいく運命だから良いんだけどね。
上のポスターのジン・アーソ役のフェリシティ・ジョーンズも悪くないけど…
なんだろうなあ。予告から受ける印象は、スタイリッシュ過ぎって感じなのかなァ。
うーん。ダサいエピソード6(ジェダイの帰還)ファンだから仕方ないのかもね。(笑)

そうそう。「ローグ・ワン」の音楽もアレクサンドル・デスプラから
マイケル・ジアッキーノに変更になったそうで…。
うーん。戦闘シーンが増えて作風変わったせいなのかなあ?
ジアッキーノはJJ監督の「スタトレ」や最近じゃあ「ズートピア」とかもやってて、
私的にはJJ及びデイズニー御用達のイメージ。
ジョン・カーターでもジョン・ウィリアムズ張りの良い曲書いていたので、
良いかもしれないんですが、気品ある(私のイメージ)
デスプラの曲も聴いてみたかったなあ。

THEME:スター・ウォーズ | GENRE:映画 | TAGS:
お薦め記事
ユーザータグのリスト表示
プロフィール

マクノスケ

  • Author:マクノスケ
  • エピソード4を高校生の時に、エピソード5をアニメの専門学校の時に見ても、なにも心に響かなかった不届き者の私。

    ああ、それなのに、アニメの会社に就職し、ハリソン・フォ-ドファンの友だちにつき合って見たジェダイの帰還(エピソード6)のルークに一目惚れ!以来、スターウォーズ関係のサークルやルーク役のマーク・ハミルのファンクラブに入りまくり、2番館に落ちた「ジェダイの復讐」を見ること十数回…。いまだにこんなに見た映画はございません…。

    全9作というル-カスの言葉を待ち続けて、17年目の1999年!「エピソ-ド1・ファントムメナス」で再びクワイ・ガン=ジンに心ときめき…あなたについて行きます…と誓ったのもつかの間、最愛の師匠が作中で死んでしまうという悲しい出来事を経て、「エピソード2・クローンの攻撃」「エピソード3・シスの復讐」にイマイチのりきれず、旧3部作への思い入れが一層強くなったマクノスケでございましたが…

    2013年10月ディズニーより「エピソード7」の製作発表のニュースに驚喜!マークのダイエットに励ましを貰い続け、2後年の2015年12月「エピソード7 フォースの覚醒」が封切られました!マークの出番が少ないことは事前の情報で知っていましたが、ここまで少ないとは!ちょっと残念ではありましたが「エピソード8」に期待ですね!

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。